こんtには、詩音です

今回は、趣味で役に立つに音楽DVD(DVDMP3音楽)作成のやり方です
サイバーリンク社のPower2Go10編
そして、初心者さんでも簡単にできるDVD音楽を前提にしているので、
■CyberLink 最新版 Power2Go 10 を使用します

●また、フリーソフトを使用しても、CD-DAとMP3のリッピング仕方などが理解できるひとは
BurnAware Freeなどでも、簡単にできます。

★★★この記事の操作手順をYouTubeの動画にもアップしています
音楽DVD作成するやり方MP3DVDを作ってカーナビで再生する第1回目Power2Go10編

※参考までに過去記事に
 Power2Go10の前に過去記事で、 Power2Go9においての、MP3リッピングの仕方を
記事にしています、また、Windows Media Player12でのMP3リッピングの記事も書いています
そのほかフリーソフトの「Exact Audio Copy」などが、リッピングに向いています
Exact Audio Copyは、私の環境でのWindows8.1では正常に動作しています

◆せっかく、バージョンが上がったので、「CyberLink Power2Go 10」での、
CDをMP3にするやり方から、説明していきます。
ですので、初めての初心者さんように説明します

★★★重要ですので、絶対必読してください★★★
音楽DVDについて、少し説明します
今回作成しようとしているのは、カーオディオやカーナビなどで、
再生できるDVDディスクにMP3形式で作成したデータDVDになります

ここで、あえて、データのDVDメディアといっているのには、当然、大きな理由があります
実は、DVD1枚に複数のCDを入れて、音楽DVDを作成するには、2通りやり方が
あるからです。(正確には3通り)以下

1) CDの曲をすべてMP3にして、DVDメディアに、通常のデータファイルとして書き込む方法
2) CDの曲をWAVまたはMP3にして、DVD-VIDEO形式しとして、作成する
3) DVD-AUDIOとして作成する、これは初心者には、難しいですので、説明しません。
※参考までに詳細を知りたい方はDVDオーディオ、また現在ではほとんど使用されていない

◆上の1)のやり方では、再生する機器がそのフォーマットに対応していなければ、
せっかく音楽DVDを作っても、当然ながら、再生できません。
つまり、今回の場合は、再生する機器がDVD対応のMP3を再生できる機能があるかです
間違わないでほしいので、CD-RでMP3を再生する機能ではありません。
このことから、作成する前に、事前に機器が対応しているか確認する必要があります

◆次に、上の2)やり方ならば、DVDビデオとして、作成するので、市販のDVDを、
再生できる、カーナビならば、メーカーなどに、依存せずに、DVD音楽として再生できます
ただ、このやり方の場合は、DVDビデオ形式なので、機器側は、DVDビデオとして認識するので
適当な静止がなどが必要になりますので、動画編集ソフト必要です。
簡単操作の初心者向け動画編集ソフトPowerDirector13
PowerDirector 13 Ultra (パワーディレクター 13 ウルトラ) icon

■音楽DVDを作成するその1CDからリッピングしてmp3に変換する

操作1 Power2Go10を開いたら、「メディアコンバーター」をクリックします。
画像1
001
操作2 さらに、その中の「オーディオの取り込み」をクリックします。赤枠
画像2
002
画像3 すると、取り込み設定画面が表示されます。このとき、まだ、音楽CDを挿入してないので
なにも表示されていません。赤丸
003
操作3 DVD音楽として作成したい、音楽CDをここで、ドライブに挿入します、
このとき、再生のソフトが起動したらら、全て閉じておきます、CDが読み込まれたら
曲の情報が自動で表示されます。(インターネットに繋がってないと正常に出ない)
操作4 今回は、MP3で作成するので、下の「設定・形式」をクリックして、「MP3」を選択します
画像4
004
※参考までに、この設定でわかるように、MP3以外にも、「FLACのハイレゾ」も設定できます
ハイレゾについては、また、機械あれば説明したいと思います
操作4 次に、MP3の「品費」を決めます、ここでは、192Kに設定します。
数字が高いほうが、高品質になりますが、容量が大きくなります。
一般に音楽を聴く程度であれば、128Kでも十分なので、192kなら、まず問題ないです
※ただい、よほど、音にこだわるひとであれば、また別です
操作5 あと、画像4の赤枠で囲ったとこですが、1曲ごとに、チェックが入っています
これは、チェックをはずせば、取り込まないことにできますので、自由に選択できます。
今回は、例としての説明のためなので、3曲程度にしています。
操作6 取り込んだ曲の保存場所を規定値から変更もできます。赤枠
赤枠にある、アイコンをクリックすれば、場所変更画面が表示されます。
あと、下の「OK」をクリックすれば、取り込みが始まります。黄色矢印
画像5
005
画像6 すぐに作業がはじまります、1曲ごとに、取り込みの青バーが表示されます
006
取り込み(リッピング)が全部終わるまで待ちます
画像7 作業が完了すると、完了画面が表示されるので、「OK」をクリックです
これで、1枚目の取り込みは完了したので、続いて2枚目、3枚目・・・と同じ作業を繰り返します
DVD-RにMP3として作成するので、目安としては、だいたい1曲が4分程度のものなら、
mp3に変換すると、約4M弱になります。
※参考までに、あくまで、目安ですが、WAVで取り込むと、1分の曲で10M計算とすれば
簡単です、4分なら40Mちょいですね

次回第2回目は、Power2Go10で音楽DVD作成です


★CD・DVD・Blu-rayの書き込みに対応。BDXLもサポート
最新版 Power2Go 10 icon
そのほかにも、バックアップディスクの作成可能です
リストア時にブート可能なバックアップディスクを作成

ディスクには簡易版 WindowsであるWindows PEが一緒に記録されます。
復元時にはWindows PEがディスクから起動されて、
OS がインストールされていたパーテーションがリカバリーされます。