こんにちは、初心者向け講座のいつもの詩音です

今回は、画面(デスクトップ)の文字サイズの設定について説明してみます。
Windows8.1には、便利な機能として、画面(デスクトップ)サイズを大きくする方法と
画面サイズを変えずに、文字だけを大きくする方法があります
※注意、ここで述べているのは、表示解像度のことではありません

大抵の方は、画面(デスクトップ)サイズを変更する方法はご存知だと思うので、
画面サイズを変更せずに、文字を大きくするやり方を説明してみます
参考までに画面拡大は下図の赤丸のスライダーで操作します
画像1と2ともに、操作をしたら、全体のオブジェクト表示が大きくなります
画像1 
001
画像2
002
私も目がの視力が落ちて、とても最近では、目が悪く文字が見えにくいです、
しかし、画面(デスクトップ)サイズを規定値no100%から125%などにすれば、大きくくなるので
、たしかに、よく見えますが、ディスプレイに表示さる情報が少なくなってしまいます
※大きくほうが、いいか、通常のままが、いいかは、個人の判断によります

■画面サイズを変えずにメニューやタイトルの文字を大きくするやり方
内容的には、初心者さんでも簡単にできるので、今回は、すべて動画にして、
操作手順をYouTubeにアップしていますので、そちらを確認してください
デスクトップ画面サイズを変更せずにメニュー表示の文字拡大

●また、動画のテキストサイズを20pにしていますが、これは、説明のために違いを
わかりやすくするために、設定しているだけなので、実際には11Pで使用しています
このあたりは、自分で、サイズを調整してください。動画あくまで、手順を示した例です