詩音です、こんにちは
今日は、年賀状ソフトの筆まめの第2回目です

前回の宛名作成(住所録作成)第1回目は以下です


筆まめの製品版は以下
筆まめVer.25」価格表
初めて「筆まめ」を使う方でも、住所録作成やデザイン面作成、宛名印刷が迷わずできるように、
シンプルな画面と大きなボタンで、見やすさとわかりやすさにこだわっています。
その他サービスでネットプリントもあります
【デザイン600種】年賀状・喪中はがき印刷
いんさつどっとねっとの年賀状印刷
今ならネット限定価格20%オフ!


■第2回目は差出人の設定です「筆まめ編」

操作1: 最初に起動したら、モード選択画面が表示されますので、ここは筆まめVer.25を
クリックです。青丸
画像1
000
操作2: 次の画面で、「差出人作成・編集」をクリックします。青丸
※このとき上のメニューが「宛名面」になっていないと他のデザイン面とか表示が違いますので
画像2
101
画像3 差出人の画面が表示されます。
102
操作3: 氏名の入力ボックスに、必要な名前を入れていきます。フリガナは自動は入ります
また、このとき自動で漢字候補も表示されます。氏名は、苗字と名を区別して入力します
画像4
103
※入力が終ると連盟にカーソルが移動しますが、連盟が必要ないときは、
適当な橋でクリックすればカーソルの入力状態が解除されます
操作4: 次に住所を入力します、ここも、前回の宛名の時と同じで郵便番号から住所を自動で
入れたほうが簡単ですね
※あくまで、この記事は例としてサンプルで入力してますので、適当です
画像5
104
操作5: 必要なとこは全部入力しても構いません。失敗しても、削除できます
問題なく、入力できたら、右下の「登録して閉じる」をクリックです
画像6
105
操作6: 最初の画面にもどるので、今度は前回保存した、住所録を開きます
「保存した住所録」をクリックします。赤丸
画像7
107
画像8 右側のハガキプレビュー画面に、正しく差出人が表示されているのが確認できます
この設定では年賀状の表に差出人を表示設定になっています。これは変更もできます
※前回と宛先と差出人が同じになるので、宛先の名前を変えています
106
操作7: もし、表に差出人を印刷したくない場合は、簡単に切り替えが可能です
ハガキプレビュー画面の2段目のアイコンに「差出」の表示があります。赤枠
、これをクリックするだけです、クリックするたびに、表示・非表示に切り替わります
画像9
108
画像10 クリックすると「差出」アイコンの選択状態が取れます。赤丸
赤矢印のとこで非表示になっているのが確認できます
110
とても簡単にできますね、このあたり有料ソフトを購入する価値があるなと、この他にもフォントの
設定など細かな文字の調整や装飾もできます
筆まめの製品版は以下
筆まめVer.25」価格表
初めて「筆まめ」を使う方でも、住所録作成やデザイン面作成、宛名印刷が迷わずできるように、
シンプルな画面と大きなボタンで、見やすさとわかりやすさにこだわっています。